profile
category
recent comment
selected entry
calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
archive

2015.07.21 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




2012.12.28 Friday

断乳決行宣言!

 断乳…。しようと思ってるんですよねぇ。年末年始で。

娘に直接「そろそろおっぱいやめなあかんで」と
言われたりしまくるのもあるんですが、
一番の理由は寝かしつけるときの添い乳に時間がかかりすぎること。

頻繁に起きてくるのは特に気にならないのですが、
そのたびに身動き取れなくなるのが辛いんですよねぇ…。

授乳しながら寝かしつけ
     
そおっと抜け出してPCのお仕事
     
2時間くらいで起きてくるので作業中断

の無限ループではやはりちょっと効率が悪すぎる。
おっぱいやめたからと言って長く寝るようになるかは分からないですが。


第2の理由としては、痛み。痛いんですよ最近。
引っ張られながら飲んだり、寝入り端に思いっきりかまれたりするし。
「痛い!」って叫ぶたびに「もうやめーや」と夫に言われます。

そんなこんなで家族がたくさん集まって、私以外の人が
面倒を見てくれる機会が多いこの時期にやってみようと思います!
決行日は30日。
晩に同窓会があるので、おっぱいなしでの寝かしつけをお願いする予定。
まぁでも私がいないときはおっぱいなしでも全然やっていけてるので、
夜帰ってきてから寝ぼけてまたあげてしまいそうな気がするんですよねぇ。
一緒に寝るのを私以外の人にしないとだめだな。

車での移動中にせがまれても困るし、
お正月休み明けて環境が元に戻ったらどうなるか…など不安も尽きませんが、
大変なのは私がそばにいるのに(←ここがポイント)
おっぱいをもうもらえないということで泣く娘を
なだめつつ寝かせなければいけない夫でしょう。

一応2日ほど前から「もうすぐおしまいだよ〜」と言い聞かせてはいますが、
何にでもうんうんと適当に返事をするので多分本気と思ってないです(笑)。

上の子は2歳4ヶ月での断乳でした。
娘は今2歳1ヶ月なので、別に遅くはないと思うんですよね。
私はおっぱいあげるのが幸せとか、好きだとか
そういう風にはあまり思わないのですが、何というか自然なのです。
赤ちゃんがおっぱいを大好きで欲しがるのは当たり前のこと。
だからできれば卒乳を目指したかったのですが。
無理にやめることもないと思うのですが…。むぅ。難しいですね。

息子のときはものすごく苦労した母乳育児でしたが、
娘は帝王切開後の身動きできない母の上に乗せられて
出生後すぐでもおっぱいに吸いついて上手に飲める子でした。
おかげであの厳しい母子センターでも(布おむつ・母子同床・母乳オンリー)
ほとんど看護師さんにお世話になることもなく、
父や祖父母が面会に来てもぐっすり寝ていて起きないこともしょっちゅうでした。

私も乳腺炎などにはなりにくいタイプらしく、
快適な母乳ライフを送ることができました。
3人目にもし恵まれることもあるかもしれないけど、
断乳後のケアはSLBの助産師さんにしてもらおうと思っています。

たんぱく質と炭水化物しか食べない娘が、
少しずつ野菜を食べるようになるのか!?
昨日はシチューに入れたにんじんを食べてくれたので一人大騒ぎでした(笑)。
授乳しなくなってぽっかり空いた時間はどうなるのかな…?とか
そんなに迷ってるならやめなきゃいいじゃんとここまで読んでくださった方は
思うでしょうが、何というか流れなのです。
流されたというわけではなく、自分で決めた流れということで。

では今後の報告をお楽しみに(笑)。
長文にお付き合いくださいましてありがとうございました。




2015.07.21 Tuesday

スポンサーサイト



Comment

たつがわさま☆

コメントありがとうございます〜〜。
そうなんです、どうなるでしょうか(笑)。
常におっぱいにくっついてる娘なので大変かもですねぇ。
でも息子のときは存分に飲んでたからなのか、
意外とすっぱりやめられたものでした(笑)。
Sくんも卒乳までいっぱいいっぱい飲ませてあげてくださいね〜〜。
さこ | 2012/12/28 8:01 PM | 

わー断乳!私も寝かしつけはいつも添い乳なので、今から断乳?卒乳?はどうなるかなーと心配です(ToT)まあまだまだですが。
お乳大好きそうだけど、うまくいくといいですね。頑張ってください!
たつがわ | 2012/12/28 4:30 PM | 

Write Comment?










http://slb-blog.jugem.jp/trackback/209
Trackback